HOME > 企業情報 > 経営理念

経営理念

私たちが目指すのは、
業界初の自社サービスのブランド化。
地域に必要とされ、地域に信頼される企業へ。

介護業界が今日までに取り組もうとしなかった「自社サービスのブランド化」。
アール・ケアは自社サービスのブランド化を経営理念に据え、徹底した考え・想い・志を
スタッフ全員が共有し、「おもてなしの心」と「確かな技術」に基づき各事業を展開しています。
「アール・ケア ブランド」は、日々積み上げられていきます。


経営理念

アール・ケア ブランドの確立

  • 信頼される専門家集団
  • 日本の介護事業の変革と創造
  • 社会に貢献し 誇りのもてる企業づくり

豊かな人間関係づくり

  • 社会人として企業人として共に育つ
  • 心はいつもベストコンディション
  • あてにし あてにされる関係づくり

大きな「あこがれ」への参加

  • 夢をもって働き 夢をもって生きる
  • 人生を謳歌し 幸せになる

クレド

私たちは、自立支援の視点をもって、どう治すかよりもどう生きるかを一緒に考え、  
誰もが納得し、笑顔になれるサービスを提供します。

私たちは、医療・介護を通じて尊厳ある生活を実現できる地域づくりを実践します。

私たちは、共に働く仲間と 「あてにしあてにされる関係」 の中で共に成長し、岡山から地域包括ケア事業で日本No.1の企業になります。


ミッション

アイデアは介護の世界の“より良い”のため

「介護はつらい仕事…」

そんな通説を明るい職場づくりと
楽しいユニフォームで変えてきたり、

お客さまの笑顔のために
カフェのような施設をつくったり。

私たちアール・ケアは、
介護の世界の“より良い”を
今日まで生み出してきました。

そんな私たちの次なるチャレンジ…

それは介護・医療のなかで、
予防から看取りまでのサービスを提供していくことです。

「思い出の時間を共有した方々と、
最期まで一緒にいられたらいいのに…」

挑戦の始まりはスタッフの、こんな言葉からでした。

「業界の“より良い”をつくること」
「人生の“ハッピーエンド”を演出すること」

誰に頼まれたわけでもありません。

でも、これらは私たちが勝手に考えている
社会・業界からの任されごとです。

挑戦はまっ先に。サービスはまっすぐに。


アール・ケア スタッフ 一同