HOME > 採用情報  > ワークマップ > 社会福祉士・社会福祉主事

仕事紹介

社会福祉士・社会福祉主事

デイサービス・社会福祉士

ケアスタッフから生活相談員へ。
満足度の高いコーディネートで、総社で一番の事業所に。

アルフィック総社 山川奈々美
川崎医療福祉大学卒 2011年入社

見学に来られた方の対応、新規契約、アセスメント、介護業務などが現在の仕事です。サービス担当者会議への出席など、他のサービス提供者やケアマネジャーとの連絡調整を行い、お客様の生活における問題について迅速な対応を心掛けています。生活相談員は事業所の窓口となり、ご本人やご家族、ケアマネジャー、関係機関と連絡調整を行い、現場スタッフと情報を共有できる環境を整えることが役目です。お客様に満足していただけるようコーディネートするということは、苦労もありますが楽しい仕事です。日々気をつけているのは、お客様の変化。例えば、挨拶した時の表情がいつもと変わりないか、ボディタッチ・握手した時の体温はどうかなど、何か変化を感じたら、まずは話をするようにしています。

入社して2年間はケアスタッフ、3年目から生活相談員として業務を行っています。生活相談員になってからは、仕事内容も慣れず不安ばかりでしたが、その年に優秀社員賞を受賞できた時にはとても嬉しかったです。将来の目標は、アルフィック総社が地域に根付き、総社で一番の事業所になること。ケアマネジャーから「アルフィックに任せておけば大丈夫!」と言っていただけるように、日々の業務にあたっていきます。ご本人やご家族、ケアマネジャーの満足度を上げていくことで、自然とお客様の輪も広がり、総社になくてはならない存在になると思います。


デイサービス・社会福祉主事

お客様の不満の声には、事業所全体で対策を考えて実行。
満足していただくことで、さらに一歩前進できる。

アルフィック東川原 藤野雅人
福山平成大学卒 2009年入社

相談員業務で大切なのは、そのお客様にとって何が今必要なのか、何を求められてどうなりたいのか、どうしたいのかを汲み取り、その方にとっての1番のサービスを考えることです。また、相談や悩みに対して向き合い、一緒に考えることでお客様の不安を少しでも軽減できるようにさせていただくこと。そして、常に笑顔で楽しく過ごしていただけるように、自分自身も楽しく笑顔を意識してお客様と関わっています。お客様一人ひとりに個性があり、サービスに満足していただける条件がそれぞれ異なるため、時には不満のお声をいただくこともあります。その不満の声に対して事業所全体で対策を考え、実行し満足していただくことで、また一歩事業所として前進できたと自信に繋げることができます。

私は、このアルフィック東川原を立ち上げる際に、オープニングスタッフとして参加しました。立ち上げに携わったことで、一つの事業を立ち上げることがいかに大変なことであるか、それと同時に今まで感じたことのない達成感があり、学ぶことも多く大変貴重な経験ができました。そうした経緯から、現在の事業所の責任者になることを目標に置いています。おもてなしの心・質の良いサービスを追求し、常に前進を図っていくことで、すべてのお客様に満足していただけるサービスを提供できるように努めるとともに、事業所スタッフがお互いに信頼できる関係づくりにも努め、より良い風土をつくっていきたいと思います