HOME > 採用情報  > ワークマップ > ケアマネジャー

仕事紹介

ケアマネジャー

居宅介護支援

お客様に私たちのできる最善のサービスを!
仕事の厳しさも仲間と一緒なら乗り越えられます。

アール・ケア 白川麻衣
川崎医療福祉大学卒 2008年入社

お客様の望む生活の実現に向けた介護保険サービスの利用をサポートしています。お身体の状況や生活の状況など、アセスメントに基づき今の生活で困難となっていることの解消や自己実現のためのケアプランを作成し、関係各所との連携を図りケアマネジメントをしています。大切にしているのは、お客様の想いに寄り添い、共に考えること。何をどうしたらできるのか、どの部分の支援を受けたらできるのかということを一緒に考えるようにしています。支援者の良いと思うことが、お客様の良いと思うこととは限りません。むしろ違うことが良くあり、何度話をしても前に進まないことも。しかし何かのきっかけで、突然に動き出すこともあります。後々お客様に伺うと「あの時こう言ってくれたでしょ」と言われ、それが自分にとっては何気ない一言であった時ほど、言葉の持つ力の大きさを改めて認識することがあります。

ケアマネジャーという職種柄、他事業部の方と話をする機会が多くありますが、アール・ケアはどの事業部も心からお客様のことを想っていることを強く感じます。お客様の希望をカタチにしたい、そのためにできること、するべきことは何なのかを常に考えて実践する。質の高いサービスはそんな社員一人ひとりの想いがカタチになったものだと思います。まだまだ一人前には遠いですが、わからないことはしっかりと指導が受けられ、悩みがあるときには話を聞いてもらえるので、ひとりで悩みを抱えることはありません。共に考え乗り越えていける仲間もいます。泣いた後には笑顔になれる、そんな職場です。


居宅介護支援

介護が必要な聴覚障がいのある方の役に立つために、
社内で継続的に手話の勉強会を設けていきたい。

アール・ケア 信原武生
大阪保健福祉専門学校卒 2010年入社

介護支援専門員の資格を取得後、介護が必要な聴覚障がいのある方の役に立ちたいという想いで入社し、現在は、数名の聴覚障がいのあるお客様を担当しています。デイサービスのスタッフにも勉強会を開いて手話を覚えてもらい、お客様からも「手話で話ができるのはうれしい!」という感想を言われた時には、自分の想いを汲んでくれたアール・ケアで働くことができてよかったなぁと思いました。ケアマネジャーとして大切にしているのは、お客様が望む生活を自己決定していただくために、どのようなサービスや社会資源があるのかを口頭だけでなく、パンフレットやイラストを用いて分かりやすく丁寧に説明を行うこと。また、非言語コミュニケーションの分野である表情、視線、姿勢、身振り、服装等に気をつけて、お客様のほうから話しやすい雰囲気作りを心掛けています。

これからの目標は、介護の必要な聴覚障がいのある方が安心して介護サービスを受けられるようになることです。そのために、日常会話レベルで手話ができるスタッフの数を増やすために、継続的に手話の勉強会を設けていきたいと思っています。そしてご本人やご家族からの「アール・ケアのサービスを使うと手話で話ができるので安心できるよ」という声が市内、いや県内に広まるように頑張ります。