HOME > 採用情報 > エグゼクティブ・トーク

エグゼクティブ・トーク

会社の成長は、必要なことを追求した結果。
お客様のために、地域のために、社員のために
これからも王道を進み続けていきたい。

会社運営に携わる4人の取締役たちが、
これからのアール・ケアの事業の在り方や方向性、求める人材について
いま思うことを語り合った本音トークをご紹介します。


  • 専務取締役
    採用 責任者
    鈴木 茂和

  • 常務取締役 
    サービス付き高齢者向け住宅・
    看護小規模多機能型居宅介護事業 責任者
    大月 博

  • 取締役 
    訪問看護事業 責任者
    山﨑 寛幸

  • 取締役 
    通所介護事業 責任者
    小馬 誠士


テーマ1:どんな会社にしたいか?

小馬アール・ケアは、規模を大きくしようと思ってやってきたわけじゃなく、社員がどうしたいのか、利用されるお客様がどう感じるのかを追求して、副次的に規模が大きくなった。そこを忘れてはいけないと思うんですね。


鈴木そう、結果的に大きくなっていくのが理想。未来に向けた安定という意味では、会社を大きくしていくことが必要だけど、肝心なところはそこだと思う。


山﨑いまの段階では、私はこの規模のままで会社の中身を醸成させたい。介護や医療を提供することが大前提なので、もっと地域に根ざす必要があるし、それにプラスして社員にとって働く環境も含めていいかどうか、両方を上手くやっていかなければとすごく感じている。



大月新たなチャレンジとして、サービス付き高齢者向け住宅や24時間サービス、医療分野をしっかり組み込むことをやっていますから、まずは地域に根ざして結果を残す。併せて働く環境も上手に整えていく。いまがちょうど大事な時期なんじゃないかと思うんです。それが結果として「人生の最期まで住み慣れた地域で暮らすことができる」を支援する会社になると。



小馬そうですね、予防から看取りまでのスペックが揃った事業のスタート時期ですから、今まではなかった部分の中身をきちんと作っていくということが大切でしょう。


鈴木中身は絶対そう!まだまだ不十分のところもたくさんあると思うから。ただ、社員がもう少し自立してくれたらいいのになぁと思うこともあってね。


山﨑どちらかというと、労務的なところに目が向く昨今ですから、もちろんきちんと整えなきゃいけないんですけど。その一方で、充実感や達成感を発揮できて毎日楽しく働けるように、もっともっと掘り下げていかなければとは思います。


大月専門職の集まりですから、やりがいを感じる部分は作りやすいとは思うんですよ。それを大きなカテゴリの中で整理していく必要がある。


鈴木全員がエキサイティングなことができるかというと、みんなの価値観が全然違うから、どこでフラグが立つかわからないところはあるよね。


大月エキサイティングの度合いも人それぞれ違いますからね。だから、いかに目指す方向性をはっきりさせていくか。いろいろなフラグが立てられるようにすることが重要なんだと思います。


山﨑エキサイティングしたいと思った時にできる土壌が用意できていればいいと思うんです。それが結果的に、お客様の満足や喜びにつながって「玉野にアール・ケアがあって助かった」と言ってもらえたら嬉しい。


小馬今後は、自然とエキサイティングする人が増えてくるんじゃないでしょうか。明確な人事考課制度があって土壌を作るための仕組みはできていると思います。


鈴木育成のための制度ではあるけど、イコールではないと思うよ。エキサイティング・ボタンがどこにあるのかわからない人もいるから、そこをどうするかなんだよね。


小馬ボタン、絶対ありますよ。


大月僕ら探すのが下手なんですよ。だから、本気で真剣に探さないといけない。それぞれの事業が各地域の中で充実してくると、少しボタンの場所もわかりやすくなると思うんです。介護福祉士だと、訪問をやりたい人もいれば、デイサービスで日中だけ働きたい人、認知症を頑張ってやりたいからグループホームがいいという人もいるわけで。そういうところにボタンのヒントが隠されている。例えば、お客様と一緒に野菜を作りたいとか、文房具を売りたいとか。お客様が元気になってアール・ケアのサービスから卒業して、社会復帰がまだできない状態でどうするのかと言ったら、今のところ僕らは何もできない。


山﨑確かに人が育ってきてくれると、登用先を作らないといけない。就労支援の一環として野菜が作りたいならそれを発揮させてあげられる場所とか。そういう意味では、さっきは事業の熟成が必要だと言いましたけど、事業が広がっていくのはいいですよね。


大月そういうことを今までにもやってきたじゃないですか。リハ特化型のデイサービスがそうだし、24時間訪問介護看護もそう。お客様のために、地域のために必要だと思ったからチャレンジした。結果、今の規模だと思うんです。旅行業という話も出てきていますし、野菜か何かはわかりませんけど、お客様のために、地域のために専門職として次に何をするのかを実現できる会社になれば、そのボタンはだいぶ探しやすくなる。


鈴木じゃあ、みんなは次に何がやりたい?


大月卒業した人が働ける環境があればいい。介護保険の制度も含め、役割がないんですよね。その役割をどういうカタチになるのかはわからないけど作っていきたい。そこに手を出したいと思っています。例えば、アール・ケアの建物管理をする中で、印刷や掃除をして少しでも賃金をもらえるような。そんなことができたら素晴らしいなと思います。


山﨑仕事がある、自分の役割がきちんとある、それが何よりもいいですよね。


大月会社としてチャレンジしたいことはたくさんあるので、それができる会社であることが重要です。終末期まで関わるサービスに挑戦したいと言って、4年越しでサービス付き高齢者向け住宅をやりましたよね。苦しかったですけど、やっぱりやってよかったと思うじゃないですか。


山﨑そうやって、うまく回っていって大きくなっていけばいいですよね。大きくなることで、社員が喜びや満足、誇りを感じてもらえるようになれば。そのためには、お客様に喜んでもらう仕事を誠実にしていかないといけない。


大月それ、すごく思いますね。奇をてらったことじゃなく、王道を確実に走っていく必要がある。


鈴木まったく違う異業種だとかモノを売ることは、うちの会社はとても下手。それは王道からはずれているから。付随して必要なことが業務になり仕事になっていくということが一番理想的。


山﨑そういう想いで一緒に働きたいという人に来て欲しいですね。


鈴木そうそう。チャンスは十分にあるんだから。


小馬やろうと思えばいろんな業種、サービスがあるわけですけど、何ができるかはシンプルに考えていきたいですね。お客様の一言で新しいサービスを手掛けるような感じで。


山﨑王道を行って老舗になる。創業100年とか、佃煮屋さんのイメージ(笑)。


鈴木いいね!それは価値がある。


大月玉野にアール・ケアがあって良かったと地域の人が言ってくれる、そういう仕事ができたらいいですね。


テーマ2:どんな人に来て欲しいか?

鈴木チャンスがいっぱいある会社です。チャンスはゴロゴロ転がっている。そこを掴みにいくか、いかないか。それが自分の人生を豊かにするかどうかを決めると思います。アール・ケアは、年功序列とか一切関係ありません。チャンスは平等にある。それは必ず約束しています。ただ、結果の公平は約束していない。頑張った人を正当に評価する会社ですから。いい人生を歩みたい、豊かな人生を歩むためにチャレンジをしたいなら、チャンスのたくさんあるアール・ケアにぜひ来てください。


小馬頑張れば、頑張った分だけきちんと認めてくれる会社です。自分が思い描くビジョンや考えを上司や経営陣がきちんと聞いて、チャレンジさせてくれるので、夢や希望を持っている人は頑張れると思います。人生を謳歌するという意味では、非常にやりがいがあるし、イキイキとした人生が送れるチャンスがあります。私は取締役としてのスタートラインに立ったばかりですが、ここに来るまでにもチャンスがたくさんありました。だから、みなさんにも必ずあります!一緒に頑張りましょう!


大月僕がアール・ケアに入社した時は、まだ10人足らずで、訪問リハも必要だね、ヘルパーも必要だね、グループホームも必要だねと言って、必要なものにチャレンジして大きくなってきた会社です。自分たちの仕事のフィールドの中で必要なものを見つけて、それをカタチにすることができる会社だと思います。いろいろな専門職の人が、それぞれの想いを持ってこの世界に飛び込んでくると思うので、その想いを同じくして、お客様のために地域のために必要なものを一緒に作っていく。そういう経験ができる会社です。想いがある人、介護に、人に熱い人が来てくれたらいいなと思います。


山﨑これからも、将来自分に介護が必要になった時に、安心して介護を受けられる社会であり、会社を作りたいと思います。社長は、想いをカタチにしたいと頑張る人の声をひとつひとつ拾って、カタチにしてくれる方なんです。そういう意味で、チャンスは平等にある。やりたいことを発信する力と想いがあれば、それをカタチにする後方支援は会社がしっかりとしてくれます。それが役職につながることも。垣根が低いところなので、ぜひ気軽に自分試しに来てください。一生でなくてもいいんです。人生の何年間かをアール・ケアで過ごして、経験をもとによりよい幸せな人生を送るキッカケになってくれたらいいなと思います。


小馬チャレンジ精神がなかったら採用応募したらダメなのかということは全くないです。情意考課(規律性、協調性、積極性、責任性)という人としての土台があるかどうかですね。地道にやって結果を出している社員もいっぱいいますから。


鈴木専門職として成長したいという人も大歓迎です。学術研究発表などもサポートしています。昇級・昇格が第一目的ではないので、熱意を持って取り組んでいることに対して支援をしています。エキサイティング・ボタンの一つということですね。


山﨑さっきの話のように、地域に必要と考える事業を成し遂げたいという想いがあった時に、それを自ら事業を興し実現するよりも、アール・ケアの仲間や組織力をうまく活用すれば、より早く、より確実にできます。志高く持っている人は、その想いを会社にぶつけてもらえれば、それだけのものが返ってきますから、ぜひ、アール・ケアにぶつけに来てください。お待ちしています。